ペットの寿命を考える

みなさんはペットの寿命を考えて飼われているでしょうか?…これは札処分を防ごうと保健所に持ち込まれた犬猫の里親を探す知り合いの話なのですが、ある老夫婦が保健所にまだ4、5歳の若い猫二匹を持ち込んだそうです。その理由は夫婦仲良く老人ホームに入るから…。私はこれを知った瞬間に、言葉が悪くて申し訳ないけれど、バカじゃないのこの老夫婦!!と思いました。私たちは動物の命を軽く考える無責任で最低な人間ですって看板をぶら下げて歩いて欲しい。







老夫婦が老人ホームに入ることは問題ないのですが、私が言いたいのはペットを飼うときにペットの寿命を考えなかったんですか?!ということ。保健所に持ち込まれたペットの命の期限はせいぜい1週間前後…本当に最低な人間としか言いようがありません。








繰り返すようですが、ペットを飼うとき、自分の年齢とペットの寿命を考えてないのか…私は声を大にして言いたい。自分たちは楽園へ行き、ペットは墓場へ送る…なんて酷い話。私としては、こんな無責任で命を粗末にする人には絶対に幸せになってほしくありません。








ペットを飼うとき、どうか考えてください…自分の年齢とペットの寿命。そして、必ず最後まで家族でいてあげられるのかどうか。これはとても大事なことです。

保健所で殺されることを待つペットの気持ちがわかりますか?…ペットは家族です。あなたの親や子、孫、兄弟姉妹と同じ家族なんです。今一度、考えてください…かけがえのない大切な命を灯火を、人間の勝手で消さないでください。



私は札処分ゼロへの活動を応援しています。




うちだるまもち'S ☆WORLD

うちだるまもちの世界へようこそ! うちだるまもちの絵のコンセプトは「和む」です。まるくてほんわかしたイラストをなので見て笑って、そして癒されてくれたら幸せです。

0コメント

  • 1000 / 1000